読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶の投げ矢の針先に

好きな人のお話を、好きなだけ。

浮かれてSexy Zoneのコンサートに参戦したら戦力1000倍になった話

浮かれてた。コンサート開演5時間前。朝から並んだ物販を無事終え、一旦名古屋へ戻る。友人とご飯を食べた後、ペアルックのふまけんカラーのぬいぐるみを買い、キャピキャピしながらメイク直しをしていたわたし。去年の秋にSexy Zoneのファンになった半人前オタクの初コンサート。もちろん実感は湧かない。ガイシホールに着き、入場口の前で佇んでいた時でさえ確かな実感はなかった。完全に浮かれてた。高校時代の同級生と偶然出会い写真を撮りまくってた。「ファンサもらえたらいいな〜♡」とか戯言言ってた。友人とくだらないセクゾネタの話をして笑ってた。どこまでも浮かれてたこのわたし、開演30分前PM5:00入場。心臓が凍りついた。


まず、目に飛び込んできたセット。暗闇に光るネオン。スポットライトが天井に延びる。スタンドを見上げると人、人、人で埋め尽くされ、入り口からは興奮を抑えきれない表情をしたファン達が徐々に入場してくる。


アッ、アッ、こ、これから、せ、せく、せくしーぞーんのコンサートが、はじまる……!?(ゴクリ)


ここに来てようやく実感できた。むしろ会場入りしなきゃ実感湧かないよね?胸の高鳴りが高鳴りすぎて宇宙を漂うJAXA人工衛星と交信できそうだった。あと緊張しすぎて手足ガクガクしてた。いろはす飲めない。


センターモニターに時間が表示されている。こすすぎる。開始まであと20分、10分、5分……残り1分をきった時、自分の中で何かが弾けた。大きく息を吸った!「遂に、来たんだ、この時が」気づいた時にはOPが始まっていた!!!!!!


メンバーが!!!登場した瞬間!!!「キャーーー!!!!!」という歓声!歓声!いや悲鳴!悲鳴!わたしも叫んでいた!自分でもこんな声出せるんだっていうくらい叫んでいた!そして、そして、これでもかと溢れた涙!!!!!!号!!!泣!!!!!はぁ〜〜〜!!!( ; ; )( ; ; )( ; ; )


うっうっ……( ; ; )歌ってる……( ; ; )いま目の前でSexy Zoneが歌ってるよ〜〜( ; ; )( ; ; )( ; ; )


歓声が呻き声になってたし涙で前は見えないし意味わかんないSexy Zoneが歌ってる。ここに、いる。特に1、2曲目はもう号泣しすぎて泣きながらペンラを必死に振ることしかできなかった。それでも最高の瞬間だった。


心休まる時などない。常に心臓バクバクでテンションMAXで号泣してて、それでもメンバーをこの目に焼き付け、記憶が吹っ飛ばないようにしようと冷静な自分がいた。もう感情の渋滞。


第一に、ずっとテレビや雑誌でしか見てこなかった大好きな人達が目の前にいて、歌ってることに泣いちゃって。最初の方はそれで号泣してた。メンバーが楽しそうに、嬉しそうに、時には切なそうに、汗かいて、笑って、ふざけて、一生懸命に、キレキレに踊って、歌って!あまりに異空間で信じられない。こんなに近くにいるなんて。でも、これは現実なんだと、彼らの姿が見えるたびに脳内に伝達された。とにかく号泣。Sexy Zoneを好きになって良かったと心から思った。


第二に、STAGEと命名されたこのツアー。Sexy Zoneが誕生して5周年という貴重なコンサート。そんな場面に立ち会えたことに感謝カンゲキ号泣。本当に感謝しかない。わたしで良いのかという気持ちもあった。大事な節目にあたるこのツアーの初日に、こんな半人前の面下げたわたしが入って良いのか。結果、良かった。時間なんて関係ないんだなって、あの空間にいて思った。ここにいる全員がSexy Zoneというエンターテイナーに夢中になっているのは紛れもない事実で。これだけの〝好き〟という想いを持ち合わせていれば、新規だろうがJr時代からのファンだろうが、みんな平等に楽しめる、楽しませてくれるんだ、と心底救われた。これでも懸命にファン歴という時間を取り戻そうと必死だった。負けじと全力で過去から現在の彼らを漁り追い続けていた。そんなわたしは成長した〝今〟の彼らの姿を見てさらに号泣。Sexy Zoneを好きになって良かったと心から思った(2回目)


わたしよりずっと長くファンをやっている人たちは、涙で海ができたんじゃないかな… うっ…泣ける…(泣きすぎ)


今回は演出もガラリと変えたらしい。わたしは初参戦だったから正確にはわからないけれど、嵐のコンサートのようだったとの意見を聞いた。少し前に、メンバー全員で嵐のコンサート見学に行ったとの目撃情報があったのを思い出して妙に納得。嵐のライブは、メンバー本人が海外に出向き、勉強して演出をしているから、相当なクオリティである嵐兄さんのコンサートから学んだことが組み込まれているんだなって、強火櫻井翔担の菊池風磨担のわたしはしみじみした。ファンサも今までと比べて少ない。花道外周も無し。とことん演出にこだわった、彼らの実力だけで挑んだこのコンサート。5人で魅せる演出。最高に最高に素晴らしかった。


〝5人で魅せる演出〟ネタバレになるので、詳しい事はツアー最終公演が終わってから。まず鳥肌。鳥肌が止まらなかった。どこまでドキドキさせるんだろう って。そして5人でってのがたまんないね!!!!!(泣) 号泣。号泣。ある曲の最後にマイクをファンに向けてくれて、一緒に歌わせてくれる。号泣しながら全力で歌った。最高に気持ちよかった。


どうやらSexy Zoneさんはファンを泣かせるのが得意みたい。


5人で魅せる演出だけれど、個性もバッチリかましてる。それぞれのソロ曲。特に、健人くんのソロはとにかく唖然とした。「えっ何が起きたの……?」と口を開けて間抜けな顔してたけど、その0.5秒後にはとんでもない悲鳴をあげてた。黄色い歓声で会場が白熱してた。あれが、中島健人ブランドか。わたしは健人くんをみくびっていた。ここまで凄いとは思ってなかった。なんてアイドル魂に満ちたアイドルなんだろう。こんなんみんなケンティガールになるよ。。やめて。。ケンティ凄いしか言えない。。とりあえず本当に健人くんには圧巻されて、ずっと虜になってて、惚れてしまいました。


風磨くんが言ってた。「Sexy Zone、俺らだけが作ってるライブじゃないんだなって、みんながいるからなんだなって、みんなと作ってるんだなって」そんなん泣いちゃう( ; ; )( ; ; )言葉だけでは他担グループのコンサートのレポを読んで、そう言ってるメンバーが多くて、うんうんって頷いてたけれど、実際に体験してみると本当にそうなんだなって、初めて実感した。この世界、この空間、メンバーとファンが創り上げてるこの一体感、最高に最高で最高。号泣。


さっきから最高と号泣しか言ってないけれど、語彙力の欠けたオタクからカッコいい可愛いエロい(一部の某メンバー)をとるとこの言葉しか出てこないんすよ(泣)


夢のように過ぎ去ったライブは、Sexy Zoneの凄さ、凄みが改めてわかるものだった。「最高」本当にこれに尽きる。5人で並んだら怖いものなし。最強だった。とにかく強い。3人体制の時期もあった。メンバーが仲悪かった時期もあった。
たくさん迷って、もがいて、乗り越えて、今に辿り着いたんだなって。伝わったよ。この人達についていけば間違いはないんだということ、彼らがまた大きくなって、5年後、10年後──、きっと私達がまだ見たことのない景色を魅せてくれる。5人で。Sexy時代を創り出してくれる。それは過信じゃないってこと、教えてくれたから。信じるよ、どんなことがあっても。


そして、あの空気を体感できて、無数のペンライトの一部になれただけで、幸せ。心から幸せ。5ペンライト、すっごく綺麗だった。というかそれにも負けない輝きを放つSexy Zoneさんよ!!!!!!ちょっとだけ泣いてるメンバーがいた。なにそれこっちまでもっと泣いちゃうよ(泣)だった(泣)



茶の間から解放され、コンサートに初参戦して感じたこと。それは、この場所でしか感じられないことが多すぎる。生でみなきゃ知れないことが多すぎる。なんて儚いの。鬼畜なの。Sexy Zoneを知った気になってたけど、違った。わたしの想像を遥かに超えたとんでもないグループだった。わたしが知らなかったSexy Zone、媒体を通じてだけじゃ知れなかったSexy Zone、全部見せてくれた。生でみて、きいて、変わるところと変わらないところ、両方あった。とても興味深い。もっともっとSexy Zoneを知りたくなったし、もっともっとSexy Zoneが大好きになった。


ちなみに帰りの電車で「無邪気な時間は過ぎやすく」を聴いてまた号泣した。なんて曲だ。ライブ終わりのオタクを表したまんまの曲やんけ(泣)


ひとつ感じたこと。ツアー初日には初日にしか生み出せないものがあって、別の日にはその日にしか生み出せないものがある。ということで全ステしたい!(^^)!!(^^)! ライブ中毒にかかりました。。これから参戦される方、楽しんできてください!既に参戦済の方、同志よ!(抱擁) 悔しくも参戦できない方、円盤があるから!!!お願いだよポニキャニさん!!!!ねえ!!!!(神よ)


最後に、コンサートに参戦して得たものは大切にしておきます。そして最強のSexy Zoneをみたわたしは最強の武器を手に入れた。開演前の浮かれていた自分は消え去った。ばいばい。でもまだ無敵じゃない、隙を突いて足カックンとかされたらすぐに転んじゃうけど、戦力は上がったかなと思う。ジャニオタって楽しいね。もっと楽しくなっちゃった。へへ(ヤバイ浮かれてる)



長々と偉そうな文章に付き合ってくださり、ありがとうございました。数日経ってようやく人間の言葉が話せるようになったので綴らせていただきました。まだ熱気と余韻は冷めませんが、なんとかこの経験を武器に現実世界(大学とバイト)と向き合い、強く生きてジャニーズと共に人生を歩んでいけたらなと思います。


STAGEツアーは始まったばかり。最終公演まで怪我なく突っ走って、無事成功しますように🌹



ps.若き日のやさしい薔薇色の輝きを忘れず みんなの胸に勇気と愛は燃え 誇らかな微笑みが 永劫に栄えることをSexy Zoneにお祈ります。





おわり