記憶の投げ矢の針先に

好きな人のお話を、好きなだけ。